武士styleでいこう

昇段と目標づくり

ステップアップ

 春日会では、一定の基準を設けて審査を行い、段位を認定しています。
今の自分がどれ位の所まで来たのか、どれほどの稽古を積んだのかを知る目安となります。
また、認定の基準につきましては、年齢や体力・性別によって制限されない事と、武家の文化を知っていただく事に主眼を置いています。型を通じて所作や運体、その他の理解を審査し、認定を行っています。春日流の段位は試合で決まるものではありません。試合による評価は別の形で行うこととしています。
春日流の段位は以下のように構成されています。

新伝

門下
春日流を学ぶ基礎知識を得ます。
初段~四段
春日流の運体を学びステップアップします。
練士
道場の開設を認めます。
五段
型に加えて教養面も稽古します。
教士
練士~五段までの指導を認めます。

古伝

新伝四段以上が対象
段位ではなく位取りになります

位之位
古伝初級と認められる位です。
動之位
立ち会える稽古が出来ていると認められる位です。
静之位
場を作る事が出来る位です。
居之位
場を仕切る事が出来る位です。